放課後子ども教室は、週1回開催から!

2016年3月16日 16時31分 | カテゴリー: 活動報告

この4月から、子どもの居場所事業である放課後子ども総合プランの放課後子ども教室が入谷小学校で始まります。学校を使っての居場所事業の実施に向けて、神奈川ネットワーク運動座間市民ネットではもう15年も前から提案してきましたが、遊友クラブの活動(毎月実施の学校もあれば、2~3カ月に1回開催もあり、地域の大人との交流、遊びのメニュー企画事業)があるため、と導入の考えはありませんでした。しかし、今回の子ども子育て支援事業計画に、2年目2016年度から年1校ずつ4校の計画がされました。計画立ての際は、児童ホームの待機対策の一方策として、学童保育を補完することも強調していました。また、昨年11月に、綾瀬市で毎日、校庭・体育館・教室を使っての異年齢の遊びを中心とした居場所事業を実施しているあやせっ子プラザを視察したことから、当然毎日の開催と思っていましたが、この3月議会で予算立てを見てみると、291万円(県補助金はうち2/3)の予算であり、週1回開催とのことです。がっかりしました。

今年度は入谷小(492人)で実施され、週1回1~1.5時間、夏以降2回にしていくとのこと、遊友クラブは発展的に解消し、運営委員会に委託、コーディネーター、サブコーディネーター、サポーター、教育活動推進員(教員経験者)の7名でスタートし、児童は80人枠を考えているとのことです。拠点は4Fプレイルームで、体育館・校庭も調整していくとのことです。状況をつかみながら毎日の実施をめざして働きかけていきます。