7月28日(木)10時~12時 新田宿・四ツ谷コミセンで公共施設利活用についての学習会開催します。

2016年7月19日 12時48分 | カテゴリー: 活動報告

四ツ谷の東地域にあった古いほうの市営住宅は、2014年5月改定座間市営住宅管理計画により解体廃止の方針となり、解体され現在更地になっています。跡地がどうなるか、気になる方も多いのではないでしょうか。跡地については、これから2か年で策定する、「公共施設再整備計画」の中で検討していくところです。

そこで、まずは、3年前にすべての市の施設の状況を調査した「公共施設白書」について、そして、昨年施設の利活用の方向を規定した「公共施設利活用指針」、道路・橋等も含めた「公共施設等総合管理計画(アセットマネジメント基本方針)」について学習して、座間市のおかれた状況を把握したいと考えます。そのうえで、こうした跡地を含め、市民の財産である公共施設・用地をどのように活用していったらよいのか考えたいと思います。

公共施設利活用についての市職員の説明は1時間程度です。その後、参加者による意見交換を行います。

どなたでも参加をお待ちしています。