加藤よう子は提案します

2016年9月18日 15時27分 | カテゴリー: 活動報告

IMGP1090私は、この4年間、子育て支援の充実、格差が広がる中でのひとり親支援の拡大、介護保険制度改悪に対しての署名活動、新ごみ焼却炉建設におけるガス化溶融炉の回避、食の安全の推進にむけ学校給食での地場産農作物の取組み増加、中学校給食食材の質向上、学校・給食施設での石けん使用推進など、市民とともに推進してきました。

これからの少子高齢、人口減少社会においては、税収も減少します。市民が安心して暮らしていくには、市民力を生かした地域の解決力を高めることが必要です。共に生きる地域づくりとともに、子ども高齢者を支える支援策と環境施策に重点をおいた予算配分が必要です。加藤よう子は、生活者として座間に暮らす皆さんとともに提案を続けます。
本日から、座間市議会議員選挙がスタートしました。駅で街角で政策をお伝えしていきます。皆さんのご意見、ご提言もぜひお聞かせください。

9月18日 加藤よう子