子育て環境の充実をすすめます

2016年9月21日 22時14分 | カテゴリー: 活動報告

IMG_9963私は、この4年間、福祉現場の皆さん、当事者の皆さんと一緒に調査をし、課題を明らかにしながら、より良い制度となるよう提案を進めてきました。
小規模な認可保育園の設置を進める提案は、子ども・子育て支援新制度の中で「小規模保育事業」「家庭的保育事業」として位置付けられ、座間市でも取り組みが始まりました。これからも、子育て環境の充実に向けて提案していきます。
●一時預かり保育:病後時保育の拡充、病児保育の創設
●小規模保育・家庭的保育事業の推進
●ひとり親支援の拡大
●産前産後ケアの実施
●放課後子ども教室の充実
●子どもの学習支援の推進
●中学校給食食材の質向上

「一時預かり」は、お母さん、お父さんのレスパイトのために、多様な働き方を支えるために必要とされるサービスです。

「小規模保育」「家庭的保育」は、必要なエリアにスピーディーに整備できます。待機児童対策として期待されます。