座間市民ネット 衆院選比例区 立憲民主党支持を決定

2017年10月12日 16時35分 | カテゴリー: 活動報告

今回の衆院選は国会審議もせずの、大義なき解散となりました。11日夜、神奈川ネットワーク運動・座間市民ネットでは臨時運営委員会を開き取り組み方針を討議しました。安倍政権打倒を掲げる希望の党も、神奈川ネットワーク運動の基本政策〝未来につなぐ働きくらし”とは合致するものではありません。安保法制を前提とした憲法9条改悪に反対、原発ゼロ基本法制定の提案、所得税等再分配機能の強化、情報公開法改正による透明化等の政策を訴える立憲民主党を比例区で支持することに決めました。13区・16区の小選挙区では、支持・推薦する候補者がいないことから自主投票としました。棄権や白票は現政権を利することにつながることから、小選挙区比例区の2票を活かす選択を呼び掛けていきます。