保護者の声から保育園ごと年齢別入所待ち人数の情報提供始まる!

2018年5月26日 18時31分 | カテゴリー: 活動報告

座間市の保育園26園の空き状況については、市H.Pに「保育所等クラス年齢別次回選考可能人数」の表によって、保育園ごと、年齢別に何人の空き人数であるかが毎月公表されてきました。園ごとの合計入所待ち人数(=保留児)はあるものの、各年齢別には、何人の方が待っているのかはわからないものでした。しかも、保護者が申し込みにあたって希望園の年齢別の待ち人数を尋ねても、電話でも窓口でも教えてもらえないものでした。このため、保護者の方から、希望園を検討するのに年齢別の待ち人数が必要であること、他市では教えてくれるところがあること、との切実な訴えをいただきました。
周辺市に聞き取りをしたところ、海老名市・綾瀬市・厚木市・伊勢原市はすべて保護者の問い合わせには情報提供をしているとのことでした。また、大和市は、H.Pに毎月「保育所等入所保留児数」として、園ごとの年齢別の入所待ち人数が公表されていました。こうしたことから、担当課に改善を働きかけたところ、県央8市の状況を把握したうえで、入所待ち合計人数を公表している現在、年齢別の公表は問題ないと判断、6月1日から園ごとの年齢別入所待ち人数の情報提供を行うこととなりました。市に集まる数字が当事者にとって有益に使われることになると言えます。当事者でないと気が付かない改善が必要なしくみ等への声に、きちんと向き合っていきたいと思います。