拠点を活用し興味ある企画でつながりをつくる!

2018年7月22日 22時13分 | カテゴリー: 活動報告

全国市民政治ネットワーク交流集会第2日目、7/22第4分科会では、〈組織拡大・市民参加~専業主婦なき時代の代理人運動の課題と展望~〉と題して、埼玉県市民ネットワークが活動するメンバーがなかなか増えないことや活動する人の高齢化というアンケートら見えた課題に対し、地域ネット道県ネットの取り組み報告がありました。中でも、昭島生活ネットワークが、会員への参加の促しと若い世代のメンバー増やしに様々な企画を実施しているのには驚きました。会員対象に、ホテルのバーでジャズを聴きながらの議会報告会やワークショップ後湧水めぐりをして酒造で食事会、また30代の議員と同世代の事務局の企画による「映画とワインとアヒージョと」といった〝よるカフェ″を2か月ごとに開催して仲間増やし。運営委員や会員が企画者となって映画上映とワークショップ、映画とパッチワーク等、参加者の振り返りもセットして意見交換の場づくり、好評な親子企画も行っています。また、市民ネットワーク・いなげが代理人を失い事務所を閉めても、メンバーが居場所を運営し様々なつながりをつくっていき、再び代理人を送り出した報告もありました。座間市民ネットでも、議会ごとのおしゃべりサロンの参加者が増えないことから企画ものとのセット開催を試みています。駅に近い事務所を有意義に活用してメンバーをひろげていきたいと思います。