ユニット座間 今年度も市民提案提出

2018年10月8日 23時38分 | カテゴリー: 活動報告

10月1日、コミュニティオプティマム福祉ユニット座間今年度の代表とともに、生活クラブ運動グループ11団体の2019年度予算に関する市民提案を提出しました。今回は、放射能対策、省エネ・再生エネルギーの推進、学校給食での地産地消の推進、石けん使用の推進、子育て支援、障がい者雇用の推進、災害時の避難、子どもの貧困対策、生活困窮者自立支援、危険なブロック塀対策、座間駅周辺の活性化等、日ごろの活動から見えてきた提案です。ユニット座間以前は1994年から生活クラブ運動グループとして、2005年からユニット座間として、毎年市民提案を提出しています。そして、市担当課と趣旨説明、ここ数年では回答ををもらっての市担当課との意見交換も行ってきています。ユニット座間の主たる活動となっています。