座間市議会見学議会体験で高校生のシチズンシップ教育を支援

2018年10月9日 00時21分 | カテゴリー: 活動報告

10月5日、県立座間総合高校のシチズンシップ教育の一環として、座間市議会では議場見学と模擬議会の受け入れを行いました。これまでにも座間総合高校の訪問はありましたが、今回市議会としての正式な受け入れとなりました。3年生の240人が2チームに分かれ、各チームごとに、議員による説明付きの議会棟の見学と、議場での代表生徒3人による一般質問と議員の答弁を行いました。傍聴席や議員席や床にもいっぱいとなった生徒たちはさかんにメモを取っていました。

選挙権が18歳に引き下げられたことから、市議会はこうした機会を積極的に受け入れていく必要があると考えます。生徒たちが政治参加を身近かに感じる一助となり、1票をしっかり行使していくことを期待したいです。