第2子育て支援センター開所式 4F民間保育園-10人定員の一時預かりあり-も4月オープン

2019年3月31日 00時34分 | カテゴリー: 活動報告

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


3月30日、4月1日からオープンとなる、小田急相模原駅西口再開発ビルの2F第2子育て支援センターの開所式につき、センターと4Fの民間保育園子どもの家ひまわりを見学しました。
第2子育て支援センターは、辰街道沿いの相模が丘5丁目の貸店舗から移動し、敷地面積が4倍の196㎡となりました。木を基調とし、床暖房つきの温かい感じのセンターですが、その大半を占めるプレイルームには、カラフルなプラ系のジャングルジム風なセットと滑り台が付いた遊具が二つが置かれ、ミニ公園といったスペースが中心となっています。

1歳児の部屋 1歳児は6人定員のところ11人

布オムツを推奨 希望者にレンタル布オムツを取り組む オムツ入れ

入り口に一時預かりの部屋

4F(2Fに遊戯室あり)の民間保育園は、さがみ野にある座間子どもの家保育園の経営する社会福祉法人寿会が運営する「子どもの家ひまわり保育園」です。40人定員で、一時預かり保育定員を10人としているのは評価できます。一時預かり保育を実施している市内11カ所(2019年度からこの子どもの家ひまわり保育園を含め3園が設置)のうち、定員を座間子どもの家保育園の15人に次いで10人と多く確保しているのは、一時預かりの部屋のスペースが十分とれたという好条件があるとは思いますが、駅近保育園としての一時預かり機能の必要性をとらえたと言えます。

第2子育て支援センターの運営とセンター内に入る基本型の利用者支援事業も、プロポーザル方式の公募で、4F保育園運営の寿会が受託したことから、子育て支援センターと保育園は寿会の職員が相互乗り入れの運営になるようです。園長は今年度市役所で保育コンシェルジュを担当していた退職した公立保育園園長が就任しています。

子育て家庭のニーズを受けため、利用しやすいセンターとなることを願います。