地域のつながりが相互理解を促進

2019年5月20日 06時53分 | カテゴリー: 活動報告

 

 

 

 

 

 

5月18日、栗原中央6丁目にある、知的障がい者の通所生活介護施設「市立もくせい園」のもくせい園まつりを訪問しました。オープニングは地元囃子連の子どもたちの太鼓の演奏。来訪者の多くは障がいを持つ方ですが、近くの保育園の子どもたち、特養のお年寄りも遊びに来ています。各福祉事業所や近くのパン屋の販売ブースも賑やかです。地域で共に生きる市民が交流の場を多く持ち、理解を深めていくことが大事だと改めて感じました。