カテゴリー別アーカイブ: 活動報告

自治体に任された地域公共交通政策では、移動困難者対策は進まず

2018年3月18日 23時03分 | カテゴリー: 活動報告

3月16日、公益社団法人神奈川県地方自治研究センター総会の記念講演、地方自治総合研究所研究員の其田茂樹氏による「公共交通政策をめぐる現状と課題」に参加しました。其田氏によれば、今交通をめぐって起こっていることは、民営化と … 続きを読む →

カテゴリー: 活動報告 |

種子法廃止による公共品種を守る法整備を求める陳情は継続審議に!

2018年3月16日 08時43分 | カテゴリー: 活動報告

昨日、コミュニティオプティマム福祉・ユニット座間ユニットで取り組んだ種子法廃止に関する陳情署名「主要農産物種子法に代わる公共品種を守る新しい法律をつくることを求める意見書を国に提出することを求める陳情」が、都市環境常任委 … 続きを読む →

カテゴリー: 活動報告 |

遺伝子組み換え表示についての意見書提出

2018年3月15日 01時23分 | カテゴリー: 活動報告

2001年に遺伝子組み換え表示制度ができてから17年が経過しました。実態を踏まえた検討を行うため、消費者庁は2017年4月から消費者、事業者、学識経験者等から構成される「遺伝子組み換え表示に関する検討会」を開催してきまし … 続きを読む →

カテゴリー: 活動報告 |

市民の困りごとから映画上映に!3/25「みんな生きている~飼い主のいない猫と暮らして~」

2018年3月12日 00時32分 | カテゴリー: 活動報告

昨年、神奈川ネットワーク運動・座間市民ネットに野良猫の糞尿に困っているとの相談があり、野良猫をめぐっては様々な立場、考えの方がいることから、昨年7月にミニフォーラムを開きました。糞尿に困り撃退策を工夫している人、野良猫を … 続きを読む →

カテゴリー: 活動報告 |

生産緑地法改正をうけて都市農地を生かしたまちづくりを

2018年3月11日 22時15分 | カテゴリー: 活動報告

昨年4月に生産緑地法が改正されたことにより、指定条件となる面積要件の緩和の条例化を実施した自治体が数多くあることを知りました。これまで1団で500㎡以上の区域としてきたのを、条例で300㎡まで引き下げが可能になったのです … 続きを読む →

カテゴリー: 活動報告 |

なぜ取り組まないのか?子育て支援ヘルパー派遣事業

2018年3月5日 23時59分 | カテゴリー: 活動報告

新年度8月から市役所2Fに子育て世代包括支援センターが設置されます。妊娠期から子育て期まで切れ目のない支援を行うための設置ですが、センターには利用者支援事業の母子保健型を置きます。子育て世代包括支援センターの業務として、 … 続きを読む →

カテゴリー: 活動報告 |

身近な地域で子どもから高齢者まで相談できる体制づくりを

00時45分 | カテゴリー: 活動報告

2月24日、座間市社協主催による地域福祉ネットワーク推進フォーラム「我が事・丸ごとの地域づくりをめざして」~私らしく、支え合う「ざま」を考える~が100人もの参加者のもと開催されました。基調講演に、厚労省社会・援護局 地 … 続きを読む →

カテゴリー: 活動報告 |

これでよいのか 今後の保育園需給計画

2018年3月4日 08時55分 | カテゴリー: 活動報告

今年度、子ども子育て会議が昨年7月、11月、年明けての2月と3回開催され、2015年に策定された子ども子育て支援事業計画の中間見直しが行われました。 会議資料によると、2015年策定時の計画の量の見込み、つまりニーズ予測 … 続きを読む →

カテゴリー: 活動報告 |

ニーズの高まる生活支援サービスづくりへの実効性のある対応を!

08時18分 | カテゴリー: 活動報告

今回の第7期の介護保険改定での介護報酬は0.54%と6年ぶりのプラス改定となりましたが、訪問の生活援助のみの引き下げや、通所の時間区分の見直しによる実質引き下げ、自立支援重視による成功報酬の導入がされます。これは、介護保 … 続きを読む →

カテゴリー: 活動報告 |

住宅地の中にあるごみ焼却炉 武蔵野市新クリーンセンター

2018年2月24日 01時41分 | カテゴリー: 活動報告

2月21日、座間市海老名市綾瀬市で構成する高座清掃施設組合議会の視察で、昨年4月に稼働となった武蔵野市の新ごみ処理施設、新クリーンセンター(整備費111億2468万円)を視察しました。センター所長の和地さんにお話を聞きま … 続きを読む →

カテゴリー: 活動報告 |